JREオペレーションズ株式会社

EHS方針

JREオペレーションズ株式会社
EHS方針

EHS活動は、企業経営の基盤であり、当社は、従業員及び地域社会の安全・健康に及ぼす影響が最小限となるよう企業活動の中でEHS管理を徹底し、自負できる職場を目指します。

  • 関係法令及び社内基準を遵守し、より一層のEHS管理に努めます。
  • 事故・災害の防止及び安全で快適な職場環境づくりに努めます。
  • 健康障害を防止するため、衛生管理体制の充実を図り、社員の健康確保対策を推進します。
  • 地域の環境に配慮し、安全・安定な操業を行います。
  • 安全衛生教育や社内啓蒙活動を通じて、全従業員の安全衛生意識の高揚に努めます。
  • EHS活動の実行に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。

EHSとは

EHSとは、環境および労働安全衛⽣を⼀体と考え管理する⼿法です。(Environmental, Health and Safetyの頭⽂字をとった⾔葉です)
JREグループでは、EHS活動を企業経営の基盤とし、企業活動の中で管理を徹底しています。

EHS体制

当社は、EHS管理規程を定め、それに準拠して安全衛生環境の管理を行っています。前年度の実績や状況をもとに必要に応じてEHS方針の見直しを行い、当年度の目標と計画を策定するというサイクルを取っています。また、各現場では全社方針に則り、現場が主体となってEHS方針・目標・計画を立て、本社とそれらを共有して活動を進めます。その後、日常的な点検などを行う中、月に一度は本社と現場が意見交換をする場を設定し、評価・改善を繰り返し、事前に災害や事故の発生要因を取り除くなど、「計画(Plan)− 実施(Do)− 評価(Check)− 改善(Action)」というサイクルにより、EHS水準の継続的な向上を目指しています。

EHS活動取り組み事例

当社では、地震や⽕災等の災害が発⽣した場合に、いつでも迅速で正確な対応がとれるよう、⾮常時対応訓練を定期的に実施しています。
訓練内容は、消⽕器を使った初期消⽕訓練や、119番通報の模擬訓練など、さまざまなシーンの訓練を繰り返し⾏うことで、⾮常時対応⼒の強化に努めています。

  • 通報訓練写真

  • 消火訓練写真

緊急連絡体制図(JREグループの体制)

※緊急対策本部、下部委員会からの事業所への指⽰ラインは本報告ラインと逆ルートになる

労働災害データ

発電所の運営開始以降、大きな災害もなく安全第一のもと事業を推進しております。引き続き災害ゼロを目指し、全社一体となってさまざまな施策を進めて参ります。

年度別労働災害件数

休業災害 不休災害 通勤災害
2016年度 0 0 0
2017年度 0 0 0
2018年度 0 0 0
2019年度 0 1 0
2020年度 0 0 3
  • TOP
  • 企業理念
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • 事業内容
  • EHS方針
  • 事業所紹介
  • 発電所一覧
  • ニュース