JREオペレーションズ株式会社

トップメッセージ

代表取締役社長

Ibusuki Tadashi

安全を最優先に、地域社会との共存共栄を目指します

当社はジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社(JRE)が開発する再⽣可能エネルギー(再エネ)発電所のオペレーション&メンテナンス事業(設備管理・運転保守事業)およびアセットマネジメント事業を主たる⽬的として、2013年4⽉に設⽴されました。⽇本各地にある拠点と本社が強固に連携した組織体制を創り、着実に事業を拡⼤しています。再エネが主⼒電源となるために必要な「電⼒の安定供給」という課題に対し、安全を最優先に、地域社会との共存共栄を図っていくことで発電所の安定稼働の実現を⽬指しています。

これまでに太陽光、陸上⾵⼒、バイオマスを源とする約50箇所の再エネ発電所を運営している当社は、⾃社発電所(JREグループの発電所)を運営しているからこそ⽣まれるノウハウやナレッジを蓄積しており、今後ますます厳しくなる事業環境においても、品質を維持しながら事業を推進していくことができます。発電所の運営は現場作業が中⼼であり、持続可能な社会創りのためには安全・健康に影響を及ぼすことなく地域の皆様と共存共栄していくことが不可⽋であるため、⽇々の企業活動の中でEHS管理を徹底し、⾃負できる職場を⽬指しています。

いま世界では地球温暖化への対策としてESG投資など再エネ電源への投資が加速しており、我が国でも洋上風力発電を中心に今後さらなる導入拡大が期待されています。当社は再エネの普及・拡大を一時的なもので終わらせることなく、真の主力電源として電力を安定供給し続けられるよう、この課題解決に積極的に取り組み、幸福で持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

  • TOP
  • 企業理念
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • 事業内容
  • EHS方針
  • 事業所紹介
  • 発電所一覧
  • ニュース